ヨコハマオールパークス

免震構造

住まいは命を守るもの。地震に強い免震マンション

免震装置(参考写真)

免震マンション 3つのメリット 命を守る、財産を守る、暮らしを守る

長い歴史の中で多くの震災を経験してきた日本。住まいづくりにおいて、地震対策は避けて通れない重要なテーマです。「どうすれば地震から家族や財産を守れるのか」。〈YOKOHAMA ALL PARKS〉が導き出した答えは、地盤の揺れを直接、建物へ伝えない「免震」という技術でした。

YOKOHAMA ALL PARKSの免震装置

  • 積層ゴムアイソレータ

    「積層ゴムアイソレータ」と呼ばれる
    大きなゴムの塊

  • 基礎

    建物を基礎と切り離して
    支えています。

  • 積層ゴムアイソレータ

    「積層ゴムアイソレータ」が
    いくつも配置されています。

免震機能が建物を守る秘密

地震の揺れを直接建物に伝えない「免震マンション」。「免震」構造は、一般的に地震を1/3~1/5に軽減します。

免震構造とは基礎などと建物を切り離し、その間に揺れを吸収しながら動く免震装置を組み込む構造のこと。一般的なマンションに採用されている耐震構造は地盤の揺れが建物に直接伝わるため、内部が激しく揺さぶられてしまいます。一方、免震構造は免震装置から上の建物全体がゆっくり揺れるので、家具の転倒なども抑える効果が生まれます。

一般的な建物と免震建築の耐震性の比較

免震機能の4つの基本

「切り離す」・「吸収する」・「支える」・「戻す」、免震機能4つの基本。

免震構造において最も主要な材料は「積層ゴムアイソレータ」と呼ばれる大きなゴムの塊です。建物を基礎と切り離して支え、地震時は水平に変形して揺れを吸収し、地震が収まると建物を元の位置に戻すという機能を持っています。そのほか、地震のエネルギーを吸収する減衰機能を持った「ダンパー」、建物を支えながら地震時には水平方向へ滑り出す「すべり支承」など免震装置にはさまざまなものがあります。建物の状況に応じて、これらを組み合わせて使います。

切り離す、吸収する、支える、戻す

積層ゴムアイソレータ 積層ゴムアイソレータ断面 すべり支承 鋼材ダンパー

免震機能の確かな品質

安心を支える「礎」だからこそ、免震には確かな品質が求められます。

免震装置は国土交通省から大臣認定されたもの以外は使用できません。さらに〈YOKOHAMA ALL PARKS〉では免震装置の性能試験や現場への納品などについても、しっかりとチェックします。「積層ゴムアイソレータ」の場合は、まず設計性能を検査するために圧縮せん断試験を行い、出荷と建設現場での受入時に寸法などを入念に確認。設置に至るまで間違いのない体制を整えています。

圧縮せん断試験、出荷前検査、受け入れ時検査、免震装置の設置

※掲載している画像、素材は販売時、竣工時に作成、撮影したものになります。